2005年05月21日

「イリヤの空、UFOの夏」を読んでみた

「この作者の泣かしテクニックはすごいよ!泣かしに命かけてるよ!」
との評判を聞いて読んでみたのだ。

へぇ〜日常の描写がうまいねぇ。こんなことやったなぁ、夏ってこうだよなぁ。
つかイリヤって綾波レイっぽくない?でもまぁ萌えるからいいか、と面白く読んでたんだが
これがまたとんでもなくリドルストーリーだったのだ。

「リドルストーリー」とは
物語の決着をハッキリと描かずに読者の判断にまかせてしまうお話をいう。

管理人が初めて「リドルストーリー」なるものを知ったのは
中学のときに読んだ平井和正の「ウルフガイ 狼の紋章」だったと思う。
そのラストシーンは遠くから狼の遠吠えが聞こえるシーンで終わっており
主人公がその後どうなったのか描かれていないのだ。
結局どうなったの?となんともいえないモヤモヤ〜っとした
後味の悪い気分になったのを覚えている。

あいまいなものに価値を見いだし好しとするのが日本人の美徳ではあるが
物語小説はリドルストーリーであってはいけないのだ。と管理人は思っている。

さすがに最近はそういったものはめったにお目にかからなくなった。
「世界の中心で、愛を叫ぶ」でだってヒロインはハッキリと死んでいる。
リドルストーリーなんていう物語としての「禁じ手」は何度も使えるものでは
ないからである。

そこで「イリヤの空、UFOの夏」である。
物語としては一応の決着がついて終わっているので
これをリドルストーリーというのはどうかとも思うんだが・・・
彼女は星になりました。じゃ泣けないのである。
泣けないと感情の整理が出来ないのである。つまりモヤモヤ状態。
そうやって主人公とシンクロさせてモヤモヤさせることが作者の狙いなんだとすると
見事にひっかかってしまったわけだ。

ああ、もうなんつーモヤモヤっぷりだぁっ!!秋山瑞人のバカヤロ〜!!

・・・

とまぁ少しは発散したところで。
この作品、現在ビデオアニメシリーズがリリースされているらしい。
まだリリース中なのでこちらでは最後がどんな風に描かれるのか楽しみだ。

で、ビデオ版見てまたモヤモヤをためこむのか>俺
posted by リーブ(旧はろる-araraka-kabosu) at 05:03| Comment(1) | TrackBack(2) | ライトノベル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてヨシヒロシといいます。
私は最近イリヤ1巻を読み終えました。ブログではその感想などを書いてます。同じseesaaブログ同士ヨロシク(^○^)/っす
Posted by ヨシヒロシ at 2005年07月19日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3783436
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

イリヤの空
Excerpt: 今週はイリヤの空、UFOの夏の文庫本買ってみました イリヤの空、UFOの夏〈その...
Weblog: 電脳天守閣
Tracked: 2005-06-19 01:54

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉
Excerpt: イリヤの空、UFOの夏〈その1〉秋山 瑞人メディアワークス 2001-10売り上げランキング : 5,582おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ここ最近アニメ化もして..
Weblog: ライトノベル読みまくり日記!!
Tracked: 2005-07-19 22:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。