2012年10月11日

新約 とある魔術の禁書目録 5巻 感想(美琴好き向け、バレあり)

「やっとやーっと!美琴が禁書本舞台に参戦ですよ!!」
なんて感想を書いたのは新約2巻の感想2011年8月のことでした。

で、その後どうだったかというと…
3巻では最後に指輪で不吉なフラグが立ち、4巻では出番がなく、5巻ではまたも美琴スルー伝説が発動しました。

長いこと追っていると耐性がつくもんなんですが、持ち上げておいて落とすのは勘弁して欲しい。
3巻の指輪エピソードも悪い方にしか考えられないし、5巻じゃ美琴を美琴と認識できないレベルでのスルーですよっ。
上条さん的には会っていないと思っているという。
超スルーですよ。

その上あとがきでもかまちーの最後の1行発言で心折れそうに。

そりゃあまあグチグチ書きたくもなるわけで、禁書ってそういう小説じゃないよねとかそういうのは前回の感想でフォローしてるんで割愛。
6巻でも出番があればいいや…じゃなくてもっと活躍して欲しいですね。ラブでもコメでもバトルでもっ!

5巻で良かった点をあげるなら、美琴の挿し絵が多かったのは嬉しかった。
絵で誤魔化されている気もしますけどっ。

このブログでは御坂美琴を応援しています。
負け戦奮闘中の黒猫ともどもがんばれ〜。
まだだまだ終わらんよ!

.
posted by リーブ(旧はろる-araraka-kabosu) at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296850747
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。