2011年09月30日

鬼物語 化物語感想(忍好き向け)

鬼物語を読んで
一番鬼なのは作者だとあらためて思いました。※1
作者足元の影から吸血鬼ぱんちっを食らわせたい!
安易な泣きゲーのブームは終ったんじゃないのっ!?
小説媒体ならいいっていうのか〜!?
八九寺ぃぃいいい!!ちくしょぅ・・・。

鬼物語は前作までの振りからして
「猫物語白の空白を補完しつつバトル展開」のお話と思うじゃないですか。※2
神原の話とか塾炎上とか全部スルーだった!
塾跡地で合流してバトルなんて無かった!!
阿良々木&忍のペアリング回復も語られなかったし※3
忍野扇が出てきてからあきらかにシリーズの流れが変わってきてます。

ここから3段落ぐらい物語シリーズ考察をつらつらと。
怪異は人によって影響されやすい不安定な存在というのが作中でずっと語られているけれど
怪異と人のハーフがいるんだから怪異だって世界や物語に自らの意志で関われるはず。
けれど、今回、怪異に対してのみ厳格なルールを押し付ける「イレイザー=くらやみ」が現れて
さらにそれを後押しするような組織が出てきたわけで。

怪異が怪異のルールを守ることには意味があると思うんです。
それが望まれた形であり存在理由だから。
ただ上位の存在から「守らされる」ことって何の意義があるんでしょう。
望まれていないから消されるのか!?
「くらやみ」と忍野扇の一族の関わり、その目的が見当も付きません。

思いつくのは
怪異が道を踏み外すと出現する自然現象(?)の「くらやみ」の発生被害を最小限にとどめる為に
道を踏み外した怪異を粛清する一族が忍野家って設定ぐらいです。
それとも「くらやみ」自体を忍野一族が作り出しているのか。なんという人間中心主義。

こりゃあ本当に花物語時点で忍がまだ健在かわからなくなってきたよっ!
忍好きにとってはまだまだ予断を許さない展開が待ち受けていそうです。
ひたぎが語り部になるという恋物語で本当にシリーズ終わるのか!?
12月が楽しみでもあり不安でもあります。

そして今回がんばった八九寺に最大級のエールを・・・!!
忍好きだけれど阿良々木と八九寺との会話は何度も読み返すぐらい好きだったよ。

※1 他シリーズに比べればこれでも温いかも知れませんが、物語シリーズでは無いだろうと油断してました。
※2 傾物語と鬼物語は上下巻のような体裁ですね。時系列順に続けて読み直したい。
※3 忍好きとしてはこのあたり期待していた

※追記
忍の昔話は普通に面白かったです。
ただ八九寺Pが最後に美味しい所全て持って行っちゃった。さすが八九寺P!!
そのうちひょっこり妖怪変化でも変態でもして戻ってきて欲しいです。

それと囮物語感想で書いた時系列更新しました。
囮物語感想の方に追記してあります。

ああそうだ。
「少女不十分」は忍好きは読んだ方がいいかもしれない。八九寺好きも救われるかも?

.
posted by リーブ(旧はろる-araraka-kabosu) at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228123557
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。