2010年11月19日

東雲千夜子は五更瑠璃(黒猫)なのか?考察(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)

アニメ9話で黒猫の日常生活が描かれるという噂を聞き
そうなると、ねこシスの千夜子と俺の妹の黒猫が同一人物なのか?の考察は、いましか楽しめないわけで
今更ながら、黒猫が東雲千夜子なのかを考察してみようと思います。
やり方としては、千夜子がどんな人物なのかを書き出して、黒猫との一致点を青字でピックアップしてみます。

以下、ねこシスのバレを含みますので注意。

・東雲千夜子(しののめちやこ)
東雲家の次女で、縁側のある家に住んでいる。
15才、身長160cm、体重43kg、3サイズ77/53/80。
外見と話し方は黒猫とほぼ一緒。
妹たちによく意地悪をして鬱憤を晴らしている。
趣味は、ゲーム、漫画、コスプレ、アニメ、フィギュア、プラモデル、18禁乙女ゲーム。
家には、ビデオデッキやHDDレコーダーは無い(DVDは見れるようだ。PCを使用?)。
アニメはマスケラが好き。
テレビアニメはリアルタイムで見る主義。
だが、マスケラ1期(夕方5時半放送)の最終回を見逃す。
放送中は、実況板に書き込みながらはしゃぐ。放送後は、ファンサイトや掲示板を巡回して楽しむ。
マスケラの主人公のコスプレを自らする。

部屋は障子戸だけどフローリング。ベッドは無い。フィギュアやプラモが散らかっている。
幅広のパソコンデスクの上に、PCと24インチ液晶テレビが置いてある。
巨大なクローゼットと本棚がある。クローゼットにはオタクアイテムがしまってある。
BLエロシーンありの同人漫画を描いている。※1
夢はビックサイトで壁サークルになること。※2

中学はセーラー服。

10才で人化の術を取得した猫又。一時的に猫(黒猫)になれる。
猫の姿になれるのは1日1時間程度。半獣形態が一番安定(ネコミミと尻尾付きになる)。
人の姿で獣の身体能力を発揮する事が可能(金網を破るほどの力と片手で妹を抱えて軽々森を駆ける)

初めてもらった恋文は15才の時(相手は以下告白君。栗色の髪の毛のなかなかのイケメンのサッカー部部長)。
告白君に、告白君をモデルにして描いたBLエロ同人漫画を見せたらドン引きされる。
さらに趣味をカミングアウトしようとして、コスプレ用のエナメル素材の九尾のムチを見せたら
告白君に逃げられて、たった3時間で振られてショックを受ける。※3
好みの異性は千夜子いわく「私の趣味にちゃんと理解を示してくれて、顔がよくて、やせ形で、ネコ耳がついていれば他に言うことは無いわ」とのこと。※4

妹が2人(美緒14歳:トラ猫、鈴13才:三毛猫)、姉が1人(かぐら500才以上:白猫)いる。※5
家族4人でちゃぶ台でご飯を食べる。ご飯担当は3女の鈴。※6

生後8ヶ月のイケメン黒猫(オス)が好き。

---

こうしてみると、黒猫は性格や人物像はさすがにシリーズものということもありハッキリ描かれているのですが、千夜子に比べると家族の設定があまりに公開されていないことに気がつきます。
俺の妹が京介視点の物語だからですね。※7

一応、黒猫だけにある設定を補足。

・黒猫(五更瑠璃:ごこうるり)
黒目だが邪気眼発動中は目が赤くなる。(カラコン説あり)。※8
本屋でバイトをしている(でもクビになった)。※9

これだけかー!

・・・結論。
いやぁ、これ別人でしょ。

黒猫と比べて、千夜子は重度のオタクすぎます。
千夜子の18禁ゲームの趣味は桐乃に。フィギュアやプラモの趣味は沙織に。BL趣味は瀬菜に受け継がれてる感じでしょうか。
まさに俺の妹のプロトタイプ的なオタクっ娘なんですね。

そんなわけで、小説よりひと足先に同一人物かどうかが判明するアニメ9話が今から楽しみですね。
9話が放送されたら、結果を追記しようと思います。


※1 BL漫画を描く趣味。百合小説&漫画は書いたことがあるが、ゲー研参加(高1)まで男のエッチシーンは書いた&描いた事が無かった
※2 黒猫は、小説や創作関連の仕事でお金を稼ぎ家にお金を入れたいと考えている
※3 千夜子には元々付き合う気はなかったようですが
※4 黒猫もほぼ同様の好みらしい(原作3巻参照)
※5 黒猫には下の妹がいることから、妹が2人いることは判明済み
※6 ねこシスではお母さん役は末っ子の鈴。黒猫は千夜子より妹の面倒見がいい描写が多い
※7 原作者の伏見さんは、ねこシスのあとがきで当初は同一人部ではなかったと言っていますが、ねこシスは初出が俺の妹2巻当時のことなので、その反響からスターシステム的な楽しみ方をわざと残しているのかもしれません
※8 ねこシスでの千夜子はいつも赤目。というか表紙絵挿絵以外に目の色の描写は無い
※9 ラノベ×トレカのエピソード(文庫本未収録)
※※ 「五更瑠璃(黒猫)は東雲千夜子なのか?」の方が記事タイトルとしては良かったなぁ

ねこシス設定では、猫又は東雲かぐら一族以外にも、南雲かんな一族がいたりするので
俺妹の黒猫は、他の一族の「黒猫の猫又」なんじゃないのという仮定も出来るのですが
それを言い出すとなんでもありになるので考察から除外してます。


追記〜
9話放送しましたね。別人確定です。
猫又かどうか?はまだわかりませんが、千夜子では無いことは明らかです。
ねこシスとは時代が違う猫又ハーフとかかもしれません。
お母さん出てきませんでしたが、千夜子の娘だったりすると面白いですね。
座布団が4枚だったので父親のいない4人家族なんでしょうか。
原作8巻での五更家の再登場が楽しみです。


.
posted by リーブ(旧はろる-araraka-kabosu) at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169878331
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。