2010年11月08日

さてそろそろ俺の妹がこんなに可愛いわけがない9巻の展開を予想しようか

いやもー8巻の予想するのぶっちゃけ疲れt(ry
で、8巻が夏後半恋愛編クライマックスなら
京介が誰とくっつこうがその後9月以降の展開があるわけで。※1
恋愛要素を考えないで予想してみよう〜。

■9巻■
コメディ巻。
7、8巻とシリアス回で引っぱったら9巻はコメディ巻ですよねー。
京介はやばいくらいにオタ化進行していて浪人フラグが立つ。
ゲー研の活動では回想シーンとして7巻で飛ばされたコミケ2日目が描かれるかも。
当然クリスマスなんてベタなイベントは俺の妹じゃやりません。

■10巻■
季節の流れが早い俺の妹ですから、もうこの巻のラストあたりじゃ卒業シーズンですよね。
桐乃は陸上の強い全寮制の高校に入学。あやせからの人生相談も来るでしょう。また引き止めるのか兄貴ーっ!!
ゲー研部長は真壁くんいるから留年ですよねー。えっへっへ(瀬菜
当然バレンタインなんてベタなイベントは俺の妹じゃやりません。

■11巻■
京介が卒業すると自然と桐乃は高校生になります。
作者が桐乃が中学生である事が俺の妹の肝と言っていたのでこれじゃ終了しちゃいますね。
どうせならラストあたりで陸上で飛び級した桐乃を京介の大学に入れさせちゃいましょう。※2
瀬菜やゲー研「真」部長になった黒猫の活躍?が描かれます。
当然冬夏コミで壁サークルと対決なんてベタなイベントは俺の妹じゃやりません。

■12巻■
12という数字はアニメでは1クール。いい潮時です。最終巻。
はたしてタイトル詐欺となるのかタイトル通りの展開となるのかはここが肝心要。
8巻での恋愛編がどうなろうと桐乃のいろんな伏線は最終巻まで引っぱると予想してます。※3
アニメを見てると古き良き名作「みゆき」オマージュ感がぷんぷんするのでそれっぽい展開になるのかも?※4

■13巻■
俺の妹はエロゲー世界ですから※5
7巻時点でオタ化していた京介がセーブ&ロードを欠かすわけがない!
都合よく7巻終盤まで時間が巻き戻ります。
描かれなかった別ルート「もうひとつの世界」が語られます。さて誰ルートなのか・・・。
PSPであやせと加奈子ルートしか作者が書き下ろさなかったのはこのためだったんだよ!※6

■14巻■
俺の妹はエロゲー世界ですか(ry

■n巻■
京介ハーレムエンドでめでたしめでたし。


ぜんぜん9巻の予想じゃないじゃん・・。
まぁ無茶な企画だったんだーぶっちゃけこれ全部ハズれてると思います。
たまにはこういう記事も良いんじゃないかと〆。

予想外の展開を仕掛けてくる俺の妹の予想なんて出来るわけがない!

※1 7巻あとがきがブラフで8巻ラストで卒業〜エピローグなんてエロゲみたいな展開も考えられるわけですが
※2 日本での大学入学条件に18歳以上があるので無理でした\(^o^)/普通に高校生ですね。
※3 4巻ラストのあれやこれやなアイテム、過去にまつわるお話ですね。
※4 小説だとそれほど酷似してないんですけどアニメ6話見てたら似てるなぁと。
※5 ぉぃ
※6 作者インタビューから考えても物理的に無理だったが正解。

★1年前にもらったサイン貼る機会が無かったのでここに★

sign_2009_dengeki.jpg
黒猫がかませ猫になりませんよーに(−人−)・・・伏見、かんざき両先生どうぞよろしくお願いします・・・!

.
・・・

8話予想フローチャート作ったよ・・・めんど・ぃ・・。
確率が一番高そうな分岐を追ってみた。自分用メモなのでつっこみカンベンご容赦を。
フロー図は手書き(笑)。トークゲームの設定つくるノリで。

ルート分岐のベース:基本ホームコメディでドロドロ展開は無し。8巻も同じ。(伏見先生のお言葉)
決定してるイベント:告白翌日のコミケ打ち上げ。メンバーは京介、桐乃、黒猫、沙織。数日後に恋人になった
決定していないが諸発言からありそうなイベント:京介の黒猫宅訪問
決定していないが俺妹のお約束事からありそうなイベント:御鏡の京介宅訪問(新キャラは次巻で出る事が多い)
未確定な要素:桐乃が7巻長電話で黒猫が告白することを知っている可能性あり(フラグN:知っているα、知っていないβ)
麻奈実の定義:ホームコメディ発言をヒントに恋愛感情はあるが今の状態でいたい微妙な感情と固定。※1
桐乃の定義:ホームコメディ発言をヒントに京介への気持ちは家族愛と憧れで固定。※2

※1 これが難解。これ次第で分岐が破綻する。
※2 これは最低限定義しないともう予想とか無理。

■主要人物を配置
京介、黒猫、桐乃、沙織、赤城、瀬菜、麻奈実
あやせ、加奈子はなんとなく除外
数日後と言う事から即答は無し
京介が数日待ってくれという可能性は低い
たまたま数日後という可能性はあり
黒猫から「答えは待つわ。またここで。」と言われる可能性はあり
>「考えさせてくれ」か「(一旦)断る」へ分岐
>どちらの返答をしても京介が黒猫を意識しないでいられることは無いと仮定。ルートは一緒とする

>その後1人で考えていても決断できない京介
■相談相手に何人か配置
桐乃、沙織、赤城、瀬菜、麻奈実、父
誰に相談しても表向き自分で考えろな答えが返ってくる可能性が高い

>黒猫告白後に2人の違和感に気づく人たち
分岐Aルート■相談されなくても2人の違和感に気づきそうな相手を配置
 桐乃、沙織、麻奈実、赤城
>告白翌日の打ち上げで違和感に気づく人たち
 桐乃(フラグN=α):許容。「好きにすれば。」
 桐乃(フラグN=β):疑念。不機嫌。その後黒猫へ事実確認へCルート
 沙織:察する。
>告白後に2人の違和感に気づく人たち
 麻奈実:見破られて相談するBルートへ
 赤城:赤城は口が軽い&妹はある程度事情を知り鋭いので瀬菜に伝わる。瀬菜Bルートへ

分岐Bルート■京介自ら相談しそうな相手を配置
 桐乃、沙織、瀬菜、麻奈実、父
 桐乃(フラグN=α):Aルートに同じ。ただしヘタレな兄貴をぶっ飛ばす可能性アリ。Cルートへ
 桐乃(フラグN=β):動揺、反発。黒猫へ事実確認へCルート
 沙織:色恋沙汰には弱そうなので自分で考えを出されてはいかがか的な無難な答えCルートへ
 瀬菜:接触あり。Cルートへ
 麻奈実:驚くけれど察する。乗っかり告白的発言の可能性はありCルートへ
 父:ルート分岐に影響なし

分岐Cルート■相談相手がその後黒猫と接触しそうな相手を配置
 桐乃、沙織、瀬菜、麻奈実
 桐乃(フラグN=α):決断が下せない京介へイライラして問うか、無視。黒猫と会話
 桐乃(フラグN=β):黒猫へ「あんたらなんかあったの?」と問う。>???
 沙織:気づかいの沙織だけに触れない可能性あり
 瀬菜:黒猫の後押しキャラ。京介にも接触してくる可能性あり
 麻奈実:黒猫の気持ちと京介の勘違いじゃないか真偽を確かめる可能性あり

ここでフロー破綻\(^o^)/。
突発、強制イベントとかないともう進められないお・・・。

京介がいくら鈍くても
相談相手には無意識に麻奈実、桐乃、また心配かけることになる沙織は避けるだろうから
打ち上げの際にケンカしていた桐乃、黒猫のどちらとも面識のある上にオタクっ娘とも関わりのない瀬菜が相談相手には適任かなーとか。
御鏡は使ってきそうなんだよなー伏見先生のお約束で。
あと桐乃(フラグN=β)より事情を知っている桐乃(フラグN=α)の方が7巻の長電話の伏線からしてアリかとは思ってますが。

しかしこれじゃあ1章もあれば終わりそうな内容だー。
やっぱり桐乃と麻奈実の戦闘力をもっと上げるか、あやせを絡ませるかしないと4章持たないのかなぁ。

結局はめぐりめぐって京介の決断次第ってことで見守るしかないですねー。
気が向いたら更新します。。。
posted by リーブ(旧はろる-araraka-kabosu) at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。