2011年09月30日

鬼物語 化物語感想(忍好き向け)

鬼物語を読んで
一番鬼なのは作者だとあらためて思いました。※1
作者足元の影から吸血鬼ぱんちっを食らわせたい!
安易な泣きゲーのブームは終ったんじゃないのっ!?
小説媒体ならいいっていうのか〜!?
八九寺ぃぃいいい!!ちくしょぅ・・・。

鬼物語は前作までの振りからして
「猫物語白の空白を補完しつつバトル展開」のお話と思うじゃないですか。※2
神原の話とか塾炎上とか全部スルーだった!
塾跡地で合流してバトルなんて無かった!!
阿良々木&忍のペアリング回復も語られなかったし※3
忍野扇が出てきてからあきらかにシリーズの流れが変わってきてます。

ここから3段落ぐらい物語シリーズ考察をつらつらと。
怪異は人によって影響されやすい不安定な存在というのが作中でずっと語られているけれど
怪異と人のハーフがいるんだから怪異だって世界や物語に自らの意志で関われるはず。
けれど、今回、怪異に対してのみ厳格なルールを押し付ける「イレイザー=くらやみ」が現れて
さらにそれを後押しするような組織が出てきたわけで。

怪異が怪異のルールを守ることには意味があると思うんです。
それが望まれた形であり存在理由だから。
ただ上位の存在から「守らされる」ことって何の意義があるんでしょう。
望まれていないから消されるのか!?
「くらやみ」と忍野扇の一族の関わり、その目的が見当も付きません。

思いつくのは
怪異が道を踏み外すと出現する自然現象(?)の「くらやみ」の発生被害を最小限にとどめる為に
道を踏み外した怪異を粛清する一族が忍野家って設定ぐらいです。
それとも「くらやみ」自体を忍野一族が作り出しているのか。なんという人間中心主義。

こりゃあ本当に花物語時点で忍がまだ健在かわからなくなってきたよっ!
忍好きにとってはまだまだ予断を許さない展開が待ち受けていそうです。
ひたぎが語り部になるという恋物語で本当にシリーズ終わるのか!?
12月が楽しみでもあり不安でもあります。

そして今回がんばった八九寺に最大級のエールを・・・!!
忍好きだけれど阿良々木と八九寺との会話は何度も読み返すぐらい好きだったよ。

※1 他シリーズに比べればこれでも温いかも知れませんが、物語シリーズでは無いだろうと油断してました。
※2 傾物語と鬼物語は上下巻のような体裁ですね。時系列順に続けて読み直したい。
※3 忍好きとしてはこのあたり期待していた

※追記
忍の昔話は普通に面白かったです。
ただ八九寺Pが最後に美味しい所全て持って行っちゃった。さすが八九寺P!!
そのうちひょっこり妖怪変化でも変態でもして戻ってきて欲しいです。

それと囮物語感想で書いた時系列更新しました。
囮物語感想の方に追記してあります。

ああそうだ。
「少女不十分」は忍好きは読んだ方がいいかもしれない。八九寺好きも救われるかも?

.
posted by リーブ(旧はろる-araraka-kabosu) at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

さてそろそろ俺の妹がこんなに可愛いわけがない10巻の予想をしようか

京介いわく激動の半年間になるらしい10巻以降の展開ですが
ポロポロと伏線やらフラグのようなものが9巻でもはられていたので
それが全部イベントとして今後発生するとして俺妹今後の展開を予想してみよう〜。
7巻発売直後にもやったのでもう恒例行事。※1

1 桐乃の加奈子へのオタバレ
 桐乃が加奈子へオタバレするなら今しかないんで、10巻でサクッとオタバレすると予想。

2 続・あやせの片思い
 あやせの気持ちですが、思い込みが激しいことから、9巻で終わったかに見えて実はまだまだ京介への気持ちの違和感引っ張るんじゃないかと。なぜ京介が変わったのか。ストーカー資質のあるあやせさんは探って来そうです。

3 黒猫恋愛リベンジ
 黒猫は恋愛編で痛い思いをしたばかりですから、誰かの後押しでも無いと、いやあっても10巻でリベンジしてくるのはつらいですよね。長期戦=しばらく展開なし(涙。ここは突発イベントでなんとか。

4 桐乃、麻奈実問題で克己
 桐乃の中にある、刷り込まれたかのような「麻奈実への負けた記憶(?)」は、過去はどうやっても覆せないのと、あと半年でどうにかなるものじゃないと思うのでこれも黒猫同様すぐにってのは無いと思ってます。

5 京介受験
 京介は黒猫の件で麻奈実と多少距離があいた描写があったので、激動の半年という触れ込みからもかなり京介の受験勉強はやばいんじゃないかと。イベント行ってる場合じゃないんだよっ!

6 桐乃進路
 中学の全国陸上大会は夏にあったはずなんですけど、その結果あたりから進路が決まってきそうです。10巻ではそこらへん匂わす程度かなぁと予想。

7 サークル崩壊
 「私のサークル」を見せ付けてきた沙織姉に対してじゃあ沙織は自分の作ったサークルをどうするのか、卒業、進路やらで誰かが抜けても維持できるのか、それは沙織の仮面がはがれかけてきた事でサークルなんて要らないに着地するんじゃないかと。

8 真・京介の告白
 京介の告白は最終巻になると思うので、さすがに10巻ではないと思います。卒業にあわせてくるんじゃないかと。今は桐乃最優先だし、気持ちをはっきり伝えている異性ということじゃ麻奈実が一番なんですが、こればかりは京介の気持ちしだいなんで予想つかず。※2

まだ並べただけで全然予想になって無いですねー。
9巻だって沙織姉、加奈子姉が出てくるとか予想つかないってのっ!
加奈子のお話は今後もありそうですし、沙織とも仲が良い加奈子姉は出てきそうですよね。

と、いうわけで本編の慣わしに沿って4章に予想をまとめてみます。

1章 桐乃の加奈子へのオタバレと姉貴紹介してやんよ!と加奈子宅への訪問、そこで加奈子姉との遭遇(マスケラ目当ての黒猫付き。
2章 お兄さんがあんなに変わってしまったのは何故!?本当に何があったのか知りたいストーカーなあやせは探りを入れることに。待望の黒猫vsあやせ。
3章 麻奈実と少し距離があいてしまった京介は受験勉強がやばいことになりかけて。京介の息抜きにと麻奈実は今年も行うハロウィンフェアの手伝いに誘う。そこに桐乃が押しかけてきて。
4章 あやせvs黒猫、麻奈実vs桐乃の余波も冷めない中、京介の勉強の邪魔になったりしないようにと、傍観することで迷惑をかけないようにしていた黒猫が突如高坂家へ訪問、その意図は!?。そこに桐乃、麻奈実、京介が現れて。いざ本音バトルへ!!
じゃじゃーん。

って、あれ、全然違うまとめになっちゃったよ・・・。具体的な10巻予想をする段になると自分の願望めいっぱい入っちゃうもんですね。
だって客観的に予想しちゃうと黒猫の出番無いですからっ!
いや出番はあるっちゃあるんだろうけど、メイン話にからめないというか。禁書の美琴ポジション?
白猫もう復活しないのかなぁ。無念すぎる。

10巻からしばらくは兄妹とコメディメインで、恋愛はちょっとしたスパイスで行くと思うんで色々間違ってるんだろうなぁ。
そういえば御鏡どこ行っちゃったんだろ。9巻では痛チャリだけで出番削られちゃったかな。やつは次巻出そうですね。

また書いておこう。
黒猫がんばれ超がんばれ!

※1 7巻発売直後に予想している割には結構当たって無いか俺。フローとか。てなわけで今回はもうちょっと具体的に予想してみた。
※2 黒猫も気持ちを伝えてるんですが、中二病入っていてわかりづらいですから。いったん別れちゃってるしね。「黒猫から」の告白がもう出来ないって言うのがかなり麻奈実に対してビハインド。

※また考えがまとまったら更新するかもです。予想じゃなくて9巻考察別記事になるかも。

.
posted by リーブ(旧はろる-araraka-kabosu) at 07:38| Comment(7) | TrackBack(0) | ライトノベル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9巻感想

京介視点以外の俺妹というと
BDDVD1巻のおまけ黒猫視点の『堕天聖の追憶』が面白かったんですが
京介視点で無くなるとビックリするぐらい印象が変わりますね。

全般で読んでいて感じたのが、他人視点だと京介視点でよりも京介が格好良く見られてること。
なにこのクールガイ。
モテモテじゃないですか京介!もげてしまえばいいのにっ!

『あたしの姉が電波で乙女で聖なる天使』
黒猫妹の日向視点のお話なんですが
座布団抱いてバタバタごろごろ転げまくる黒猫が超可愛かったです。
8巻花火大会後のシーンもここできちんとフォローされていて
京介視点では別れ話後時間がすっ飛んで、振った側の黒猫は別れても平然としているように読めましたが、そんなことなかったんだなぁと(´;ω;`)ブワッ

『真夜中のガールズトーク』
8巻裏話的な内容なんですが、面白いわりに短かったので
あとがきに書いてあった「泣く泣く削ったエピソード」って気になりますね。
どこかで日の目見てくれないかなぁ。

とまぁ、思っていたより前巻8巻を補足する内容が多くて、8巻4章が駆け足すぎじゃね?と感じたり消化不良、不満だったところが大分解消されました。
8巻後半が納得いかなかった人は懲りずに読んでみるといいかもしれません(俺とか。

この2つ以外の新規エピソードは7、8巻に比べるとこれといって盛り上がりどころが無いので読了感としてはあっさりしてます。※1

沙織の話とかあやせ、加奈子の話とか
10巻以降への布石かなぁなんてエピソードもあったりしますが
4巻や7巻みたいに展開を次巻に引っ張ったりはないので、短編集として安心して読めました。※2

それにしても麻奈実ラスボス感ハンパないなぁ。出番少ないのにじわじわ来るよ。※3
黒猫超がんばれ!このブログは黒猫を応援しています。

※1 短編集ということもあり感想もあっさりというオチ。いやでも登場キャラ数的には俺妹至上一番多い巻だったんじゃなかろうか。
※2 沙織姉とか加奈子姉とか、意外な人が意外な場面、立場で登場しましたが、10巻以降京介視点に戻ると出番があるのか謎。と思ったらまたゲーム化するって聞いたんですがそっちで登場するのかな。
※3 あのあやせに目標の女性と言われせたり、桐乃と京介幼少時の仲違いの原因になった麻奈実さん。ヒロイン勢に一目置かれすぎ。京介の見てないところでどんだけプレッシャー与えてんだろ。ホントに腹黒そうでこわい。マインドコントロールでも出来るの!?

※追記感想
『過ちのダークエンジェル』
あやせ視点なんだけど俺的には加奈子かわいいよ回でした。
加奈子は安定して面白いですね。今巻でも安心の加奈子クオリティでした。お馬鹿可愛いんで「おばかわいい」。そんな属性表す言葉なかったかなぁ。
セクハラ先輩は、ToLoveるお兄さんにクラスチェンジしたみたいですね。
セクハラもアクシデントならしかたがない(ぉぃ。
だがっ!あそこは加奈子のピーに頭を突っ込んでおいばかやめろ的に恥ずかしがる加奈子にブヒるべきシーンなのになんでそっちじゃないんだよっ!
誰かあそこだけ加奈子バージョンに書き直してくれないか。
まぁ実際クラリスコラボって誰得なの。読者得じゃないよねだし。

『突撃・乙女ロード!』
思ったより瀬菜の暴走があっさりしてましたね。
京介が桐乃に唯一勝てるのは瀬菜へのツッコミだと確信しました。

『カメレオンドーター』
沙織視点で出てきた沙織のお姉さん。俺妹で初めてイライラするキャラでした。
桐乃の上位版で、黒猫の対極にいるような弱点の無いマルチプレイヤーキャラ。
実は器用貧乏なのかもですけど(笑)沙織でなくても腹立つよねーと同情。

『妹のウェディングドレス』
表紙の「ウェディングドレス桐乃」は
また読者を釣ってるんじゃないの?と警戒してたんですけど
そんなことも無く普通に王道ないいお話でしたね。

あとがきで伏見先生はもう一度桐乃にはウェディングドレス姿を着せたいなんて意味深な発言をしてましたけど、最終巻への伏線なんでしょうか。

『俺の妹はこんなに可愛い』
赤城兄のギャグ回、本編ではハズレなしで大好きなんですけど、赤城視点はいまいちでした。
京介視点じゃないとつまらないってことなのか慣れなのかわからず。

以上〆
.
posted by リーブ(旧はろる-araraka-kabosu) at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。